グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門

ホーム >  診療科・部門 >  看護局 >  看護局6階東病棟

看護局6階東病棟


  • 担当科:脳神経外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、皮膚科、内科
6階東病棟は、脳血管疾患、耳鼻咽喉科疾患、皮膚科疾患、泌尿器科疾患の患者さんを対象に、手術、点滴治療、抗がん剤による化学療法や放射線療法、リハビリを行っています。

突然の病気の発症に不安を抱える患者さんやご家族をサポートするために、入院から退院まで責任を持って援助できるようチームで情報を共有しながら継続した看護を提供しています。

病棟紹介

6階東病棟の特性を活かし、脳外科リハビリテーションや呼吸器リハビリテーション、嚥下摂食訓練など、急性期から積極的な病棟リハビリテーションに取り組み、リハビリテーション科との連携を図りながら、残存機能の回復に向け質の高い看護が提供できるよう努めています。

要介護度の高い重症患者さんや高次機能障害の患者さんの転退院は、メディカルソーシャルワーカーと協力して、地域の医療機関との連携を図っています。

自宅での生活を送るために生活様式の再編が必要な患者さんには、リハビリ(PT、OT、ST)スタッフ、地域医療連携室スタッフとともに協力を行い、患者さん、御家族の希望する退院先へ退院できるよう支援しています。令和元年より手術の現場でダヴィンチが導入され、さらに手術件数も増加しています。そのため、脳外科以外にも様々な科と関わり、看護を患者さん、御家族に提供できるように努めていきます。