グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門

ホーム >  診療科・部門 >  皮膚科

皮膚科



特色

蒲郡市民病院皮膚科では、病院の基本理念である、「患者さんに対して最善の医療を行う」ことを心がけ、日々診療を行っております。当院を始めとした各科が揃っている「総合病院」の皮膚科は、クリニックでの診療が困難な難治性皮膚疾患の診断と治療、指定難病の診療とその認定・更新、日帰りまたは入院手術が必要な方、その他入院が必要な方、他科入院患者さんの入院中の皮膚疾患の診療(通常の皮膚疾患から各種薬剤アレルギーなどへの対応)などを主体に行っており、そのニーズはますます高まっております。そのため時間の制約上、外来での通常の皮膚疾患の診療までは対応が難しく、当科では近隣のクリニックとの連携を強力に進めております。いわゆるクリニックでの診療が可能な疾患(湿疹、軽症のアトピー性皮膚炎、水虫、蕁麻疹やにきびなど)をお持ちの方に対して基本的にクリニックへの受診をお願いさせて頂いておりますことをご了承ください。

※病院での治療が必要かどうかはクリニックの先生がご存知です。スムーズな診療のためにも出来る限りまずはクリニックを受診して頂き、必要があると判断された際には紹介状をお持ちになり受診して頂けますようお願い申し上げます。

日帰り手術の流れ

手術費用例

体幹の3cm以下のできものを削除した場合、
手術費用は3割負担の保険の方で約¥4,300


※手術費用以外に、診察料、術後の内服薬、術前検査などの負担があります。
※大きさ、部位により金額は変化しますので、詳しくは担当医にお尋ねください。

主な病気について

1. 乾癬

全身に、かさかさな赤い斑点ができてくる病気です。
現在のところ、サイトカインという体の中で出てくる炎症を伝える因子が原因の一つであると言われています。当院では治療に関しては塗り薬、光線治療(ナローバンドUVB療法、PUVAバス療法、エキシマライト療法(2017年秋導入予定))、飲み薬(シクロスポリン、エトレチナート、アプレミラスト)などの治療を行う事が可能です。また重症例では生物学的製剤というお薬が必要になることもあり、医師の診察にて必要と判断させて頂いた際には詳細にご説明させて頂き、近隣の日本皮膚科学会認定生物学的製剤承認施設へのご紹介をさせて頂いております。
関節リウマチのような関節症状を伴うこともあり、皮疹のみで、他に症状がない方も、一度受診し、検査や治療を受けられることをお勧めします。

2. アトピー性皮膚炎

慢性的な湿疹病変が左右対称に出現する病気で、ここ最近では皮膚のバリア機能の異常であると言われています。適切な治療法を行うことで、皮膚をよりよい状態にキープすることを治療目標とします。ほとんどの方は適切な塗り薬の使い方を覚えれば、良い状態がキープできますが、一部の重症な方に対しては光線治療(ナローバンドUVB、エキシマライト療法(2017年秋導入予定))、シクロスポリンの内服療法などを行っています。
アトピー性皮膚炎の多くの方はクリニックでの診療対応が可能ですので、当科ではクリニックでの診療で改善が難しい重症な方を対象とさせて頂いております。

3. 皮膚腫瘍

良性のしこりからいわゆる「皮膚がん」と呼ばれる悪性のものまで多数あります。良性の病変は「粉瘤」「脂漏性角化症」「母斑細胞母斑」と呼ばれるものが代表ですが、他にも種類は多数あります。良性でも手術をした方が良いもの、良性か悪性かの判断が皮膚科医にしか出来ないものがあります。
皮膚がんの中で代表的なものに「悪性黒色腫(ほくろのがん)」「有棘細胞がん」「基底細胞がん」があります。特に悪性黒色腫は、放置すると高い確率で命に関わり、リンパ節や他の臓器に転移をしていきます。ごく初期で見つけられれば、小さな手術で済んだり、命に関わる可能性が少なくなります。皮膚がんの多くは当科での診療が可能ですが、一部のものに関してはより高度な治療が必要なことがあり、その際には皮膚悪性腫瘍指導専門医のいる施設(大学病院など)へのご紹介をさせて頂いております。
当院ではダーモスコピー(病変を拡大して、パターンをつかむことで診断の助けとする機械)を駆使して診断に当たっております。皮膚にあるしこりなどで気になるものがあれば早めに受診することをお勧めします。

4. 皮膚潰瘍、とこずれ(褥瘡:じょくそう)

皮膚に傷ができ、ある程度深いものを皮膚潰瘍と言います。
また、その中でも寝たきりなど、同じ体勢が続くことにより起こるものを褥瘡と言います。皮膚潰瘍は血流の問題や、炎症の病気、感染症、腫瘍などいろいろな原因によって起こります。当院では、まずは原因を検索し、根本的な治療を目指します。
局所の処置としては、閉鎖湿潤療法を基本として、状況に応じて軟膏を使い分けて適切な傷の治療に当たっていきます。特にここ最近情報の氾濫によって、不適切と思われる処置方法によってかなり悪い状態で受診される患者さんを多く見受けます。早い段階で受診していただければ、治療にかかる時間も短くなりますので、できるだけ早めの受診をお勧めします。

5. 壊疽(えそ)

血の巡りが悪くなったり、糖尿病による神経の障害などによって主に足先が黒く変化してきたり、傷ができてくる病気です。足の血管が詰まっている場合は血流を良くする薬を飲んだり、場合によってはカテーテルを使用して詰まりを取り除くような処置が必要です。カテーテル治療を行う場合は末梢血管治療の出来る循環器内科や血管外科などと密接な連携をとり、治療を行う事が可能です。また、検査においては皮膚潅流圧測定などの最新の機器も取りそろえており、痛みを伴わずに、比較的簡単に血流の検査が可能ですので、「足が冷たい」、「足がしびれる」、「続けて歩くと足がだるくなる」、「指先に傷ができてきた」などの症状があれば一度皮膚科受診をお勧めします。

6. 白斑(尋常性白斑、しろなまず)

皮膚はメラノサイトという色を出す細胞によって色が保たれています。
このメラノサイトが無くなり、皮膚が白く抜ける病気です。当院では白斑に対して、塗り薬や光線治療(ナローバンドUVB療法、エキシマライト療法(2017年秋導入予定))、カバーマークの紹介などを行っております。白斑はその病型によって適切な治療法が異なりますので、一度受診していただき、診察をさせていただいた後に治療法を組み立てていきます。

自家培養表皮移植(再生医療)による、白斑治療が実施できるようになりました。

白斑に対する再生医療とは?

診察週間予定表

曜日 午前 午後
月曜日 久保良二
奥田佳世子
手術
火曜日 久保良二
奥田佳世子
手術
水曜日 久保良二
奥田佳世子
手術
木曜日 久保良二
奥田佳世子
手術
金曜日 久保良二
奥田佳世子
手術
※時間外受診の場合は上記の限りではありませんが、外来診療時間以外は病棟診療や手術などが主体になりますため、出来る限り診療時間内での受診をお願い致します。
※手術は日帰り、入院を含んでおります。

医師紹介(常勤医師)

久保 良二(くぼ りょうじ)皮膚科部長

所属:皮膚科
資格等
  • 臨床研修指導医
  • 日本皮膚科学会認定専門医
  • 緩和ケア研修修了医
  • 医学博士
  • 名古屋市立大学医学部臨床准教授

奥田 佳世子(おくだ かよこ)皮膚科

所属:皮膚科

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。