グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



臨床研修医募集

ホーム >  臨床研修医募集 >  初期研修医 >  指導医、研修医からのひとこと

指導医、研修医からのひとこと


指導医 (臨床研修センター長  石原 慎二)

当院の研修の特徴は、第一に、とにかく実践してもらうことです。医師として手技が身についていなければ患者を助けることはできません。実践に裏付けられた知識ほど強固なものはありません。後期研修以後、専門知識、技術は蓄積されていきますが、基本手技を習得する期間は初期研修しかありません。当院では初期研修一年目で確実に挿管、中心静脈確保などの手技を体得できます。さらには、各種の超音波検査や内視鏡検査に加え、積極的に冠動脈造影や脳血管撮影まで経験してもらい、診断に至るまで確実にできるようになります。
第二の特徴として、当院では指導医が直接、初期研修医を指導します。これは、当院のような研修医が少ない中規模病院だからこそなせる業です。決して屋根瓦方式(1年次研修医は2年次研修医が、2年次研修医は後期研修医が指導)ではありません。救急外来を研修医に任せきりということもあり得ません。知識と経験を充分に兼ね備えた各科指導医の直接指導だからこそ、前述のような救命処置、侵襲的処置や検査も存分に実践して頂けます。
第三の特徴は、各科の枠を超えた横断的な研修環境を整え、医師としての'総合力'を高めることを重視している点です。内科合同カンファレンス、内科外科合同カンファレンスのみならず、全科医師が一堂に会しての研修医症例検討会や、指導医が講師を務める医局勉強会も定期開催されます。また研修中の科に限らず、常に全指導医が研修医の指導を義務と認識し、診療科を超えた指導を日々心がけています。
ぜひ一度、みなさんお誘い合わせの上、当院へ見学、実習にいらして下さい。当院の特徴を知って頂くには、やはり直接見て頂くことが一番です。その中で、当院のような地方の中規模病院の魅力を少しでも理解して頂ければ幸いです。みなさんのお越しを、病院職員一同、心よりお待ちしております。

初期臨床研修医 (河合 由希子)

学生時代、初期研修先を決めかねている時に学外実習で偶然来たのがここでした。
実習の初日、「じゃあ早速、手技やるから手伝って」と上級医に誘われ、学生が実際触ってもいいの!?と、度肝を抜かれたのを覚えています。 
あれから研修医として赴任して、1年が経ちました。
手技はもちろん病棟業務や外来など、自分で考えて動く機会が多かったです。それらを安全に実施できるよう上級医・医療スタッフからも手厚くサポートしていただき、着実に医師としての地力を培うことができました。  
フレキシブルな研修プログラム、多職種一丸となった和気藹々とした環境は、中小規模の病院だからこその魅力だと思います。研修病院選びで悩んでいる方は一度本院に見学に来てください。
待っています!