グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



病院紹介

ホーム >  病院紹介 >  患者さんの権利と責任

患者さんの権利と責任


患者さんの権利と責任

蒲郡市民病院は、「患者さんに対して最善の医療を行う」ことを基本理念として患者さんの権利を尊重し、患者さんと信頼関係で結ばれた医療を行うことを目指しています。
そこで、「患者さんの権利と責任」についてここに明記し、基本理念の実現に向けて患者さんと共に歩んで行きたいと思います。

良質な医療を公平に受ける権利

患者さんはだれも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。

知る権利

患者さんは、病名、症状、治療内容、回復の可能性、検査内容、及びそれらの危険性、薬の効用、副作用などに関して説明を受けることができます。患者さんは、治療に要する、または要した費用及びその明細や診療の記録について、説明を求める権利があります。

自己決定の権利

患者さんは、十分な情報提供と医療従事者の助言や協力を得た上で、自己の意思により、検査、治療、研究途上にある医療、その他の医療行為を何ら不利益を被ることなく受けるかどうかを決めることができます。 患者さんは、医療機関を選択できます。

プライバシーが保護される権利

患者さんには、個人の情報を直接医療に関与する医療従事者以外の第三者に開示されない権利があります。 患者さんは、私的なことに干渉されない権利があります。

参加と共働の責任

これらの権利を守り発展させるために、患者さんは、医療従事者と力を合わせて医療に参加、協力する責任があります。

個人情報の取り扱いについて

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

オプトアウトについて

当院では総合病院という特殊性から「医学研究へのご協力」を提示しておりますが日常診療で得られたデータを患者さんに伏せて研究目的に用いることはございません。当院で行う「後ろ向き研究」は既に「研究のためではなく通常の臨床上必要な検査・治療」を施行済みのデータを解析する研究です。研究のために検査や治療を行うものではございません。後ろ向き研究は「患者さんの個人情報脅かし・不利益は一切生じない」ことから不同意の意思表示や質問などを賜る連絡先の明示を公表することが求められており、オプトアウトと呼ばれています。ご希望があれば他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で研究計画書・関連資料を閲覧することが出来ますのでお申し出ください。また試料・情報が当該研究に用いられることに患者さんや代理人の方にご了承いただけない場合は研究対象としませんのでお申し出ください。研究へのご協力に同意いただけない場合でも患者さんに不利益が生じることは決してございません。
実施科 研究テーマ
腎臓内科 人工知能によるCTR測定と技師、医師による比較
腎臓内科 体液組成インピーダンスと腎機能の推移
腎臓内科 急性腎障害尿マーカーNGALと健診結果
消化器内科 Tokyo Guidelines 2018の胆嚢炎診断及び耐術能評価基準の評価と各種胆嚢ドレナージ方法の評価
腎臓内科 当院腎臓内科紹介受診者のeGFR slopeの比較:単施設臨床研究
腎臓内科 3方向胸部レントゲン写真と心臓エコーによる体液量評価の比較
腎臓内科 深層学習による腎硬化症と眼底写真における血管病変との関係の抽出