診療のご案内

  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. ジェネリック医薬品のご案内

プリント

ジェネリック医薬品のご案内

ジェネリック医薬品とは

以前にもご紹介いたしましたが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売される、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分、効き目、安全性をもつ低価格な医薬品のことです。

Q:なぜ低価格なのでしょうか?

A:新薬の特許が切れた後に発売され、開発費が少なくてすむ分、低価格で提供できます。患者さんの個人負担だけではなく、国全体の医療費軽減にもつながります。

Q:効き目や安全性は?

A:国では、ジェネリック医薬品が新薬と同レベルの品質・有効性・安全性を有するかどうかについて欧米と同様の基準で審査を行っています。

これだけは知っていただきたい

蒲郡市民病院においても院外処方せんに限ってジェネリック医薬品を選択していただくことができますが、これだけは知っていただきたいことがあります。

ジェネリック医薬品に変更できないことがあります。

2012年4月より処方せんの様式が変わりました。患者さまのご希望によりジェネリック医薬品に変更することができますが、処方せんの変更不可欄に「レ」又は、「×」が記載され、右下の「署名又は記名・押印」欄に医師の署名があると変更できません。

同じ有効成分の新薬とジェネリック医薬品は、基本的には同じ効能ですが、特許や承認ルールなどにより、新薬だけに認められている効能もあります。この場合、ジェネリック医薬品には変更できません。また、ジェネリック医薬品のない新薬も変更できません。

万が一当院に入院された場合、または事情により院内にてお薬をお渡しする場合は、当院採用の医薬品を使用させていただきます。

成分が同じでも新薬と違うところがあります。

ジェネリック医薬品は、決められた品質規格(有効成分の含量、お薬の溶け方、体内への吸収度合いなど)を満たすことで新薬と「同等」と認められおり、有効成分以外は規格の範囲内で変更できることになっています。飲みやすさの工夫などから、大きさ・形・味・におい等や添加剤(それ自体は薬理効果を示さず治療効果を妨げない物質で、使用できる成分と使用量は国により定められています)が新薬と異なる場合もあります。

蒲郡市民病院 薬局
(平成25年10月1日更新)

  • 面会時間のご案内
    入院患者さんの完全な治療と十分な安静の為に、次の面会時間をお守りください。集中治療室、未熟児室への面会については、看護師にお尋ねください。
  • 一般病棟
    平日/
    15:00~20:00
    土曜日・日曜日・祝祭日/
    11:00~20:00
  • 新生児室
    14:30~15:30・18:00~18:30
  • 禁煙のお願い
    院内の敷地内は
    全面禁煙です
  • 撮影禁止のお願い
    院内での写真撮影
    (動画を含む)や
    録音は、原則禁止
    しております
蒲郡市民病院
〒443-8501 愛知県蒲郡市平田町向田1-1  TEL: 0533-66-2200 FAX 0533-66-2295