グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ドクターインタビュー

ホーム >  ドクターインタビュー >  聞いて納得・知ってて良かった!眼科・眼科系の病気について

聞いて納得・知ってて良かった!眼科・眼科系の病気について


眼科/藤井彩加Dr.

眼科の特色について教えてください

白内障をはじめ、緑内障や硝子体手術、加齢黄斑変性への硝子体注射など、クリニックでは対応が難しい症例なども引き受ける体制が整っています。また、これまで大学病院でしか対応できなかった、網膜剥離のような緊急性の高い疾患にも対応できるようになりました。眼というのは年齢を重ねれば重ねるほど、何かしらの不具合が出てくるものです。特に蒲郡周辺エリアは高齢の方が多いので「しっかりモノが見えていろいろなことができる」といった快適な生活を長く維持できるよう、適切な治療とわかりやすい説明を心掛けています。

白内障とはどのような病気なのでしょうか?

眼の中のレンズの役割をする水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。濁りは薬物治療では取り去ることができないため、治療法としては手術となります。当院では、日帰りor一泊二日入院での白内障手術を選ぶことができるのが特徴です。また、進行した白内障など、合併症のリスクの高い難症例も近隣クリニックからご紹介いただき、当院で手術を行っています。

白内障手術に使われる眼内レンズについて教えてください

従来の単焦点眼内レンズ(焦点が1ヵ所)に加え、複数の焦点を持つ多焦点眼内レンズを使用した白内障手術も対応できるようになりました。角膜形状解析装置で角膜の詳細を検査した上で、患者さまの眼の状態に合わせた眼内レンズを選択していきます。

単焦点眼内レンズは1カ所に焦点を合わせるレンズです。手術で合わせた距離以外のところは、必要に応じて眼鏡でピントの調整をします。一方で、多焦点眼内レンズは遠方だけでなくより手前にも焦点が合いやすくなっているので、白内障手術後に眼鏡を使う機会を減らすことができます。ただし、各々メリット・デメリットがあり、人によって合う合わないがありますので、最終的な判断は眼科医としっかり相談した上で決めていくことをおすすめします。

単焦点眼内レンズに向いている方

  • 非常に細かいものを見ることが多い方
  • パソコン作業など、一定の距離で見ることが多い方
  • 夜間に車の運転をする方

多焦点眼内レンズに向いている方

  • 眼鏡の依存度を極力減らしたい方
  • 比較的若く、両眼手術希望の方
  • 白内障以外の眼疾患がない方

緑内障とはどのような病気なのでしょうか?

緑内障とは、視神経に障害が生まれ、見える範囲が狭くなったり、部分的に見えなくなる病気です。初期は自覚症状がないため、ご自身で発見することが難しい病気のひとつとされています。一度失った視野は取り戻すことができないため、健診などで早期発見に努めることが重要です。治療は眼圧を下げることです。まず点眼治療を行い、不十分な場合には手術を行います。手術はいくつかの種類があり、患者様の視野の状態、目標とする眼圧などを考慮して術式を決めます。

硝子体手術が可能になったと聞いたのですが、詳しく教えてください

硝子体とは、水晶体の奥にある眼球中心部を満たすゲル状の組織のことです。網膜剥離などの緊急性の高い疾患、糖尿病網膜症や黄斑上膜といった疾患などで主に用いられる術式です。現在の硝子体手術システムが導入される以前は、手術適応の患者様は大学病院などの遠方の病院へご紹介するしかありませんでした。診断に用いる機器も充実し、当院で安心して手術を受けていただける体制が整いました。

眼科のココが強み!

  • クリニックでは対応が難しい症例なども一手に引き受ける
  • 白内障手術、緑内障手術のおける専門的かつ豊富な実績
  • 最新の設備を導入し、難易度の高い硝子体手術も可能に

藤井Dr.より一言

“人生100年時代”を楽しく過ごすために「目が見えること」は絶対条件です。当院の眼科医療を通じて、地域のみなさまが抱えるさまざまな眼疾患を改善へと導き、専門性の高い医療を追求し続けることで確固たる信頼へとつなげていけたらと考えています。