臨床研修

  1. ホーム
  2. 臨床研修
  3. 指導医、研修医からのひとこと

プリント

指導医、研修医からのひとこと

指導医、研修医からのひとこと

指導医 (臨床研修センター長  石原 慎二)

ishirhara.jpg

当院の研修の特徴は、第一に、とにかく実践してもらうことです。医師として手技が身についていなければ患者を助けることはできません。実践に裏付けられた知識ほど強固なものはありません。後期研修以後、専門知識、技術は蓄積されていきますが、基本手技を習得する期間は初期研修しかありません。当院では初期研修一年目で確実に挿管、中心静脈確保などの手技を体得できます。さらには、各種の超音波検査や内視鏡検査に加え、積極的に冠動脈造影や脳血管撮影まで経験してもらい、診断に至るまで確実にできるようになります。
第二の特徴として、当院では指導医が直接、初期研修医を指導します。これは、当院のような研修医が少ない中規模病院だからこそなせる業です。決して屋根瓦方式(1年次研修医は2年次研修医が、2年次研修医は後期研修医が指導)ではありません。救急外来を研修医に任せきりということもあり得ません。知識と経験を充分に兼ね備えた各科指導医の直接指導だからこそ、前述のような救命処置、侵襲的処置や検査も存分に実践して頂けます。
第三の特徴は、各科の枠を超えた横断的な研修環境を整え、医師としての'総合力'を高めることを重視している点です。内科合同カンファレンス、内科外科合同カンファレンスのみならず、全科医師が一堂に会しての研修医症例検討会や、指導医が講師を務める医局勉強会も定期開催されます。また研修中の科に限らず、常に全指導医が研修医の指導を義務と認識し、診療科を超えた指導を日々心がけています。
ぜひ一度、みなさんお誘い合わせの上、当院へ見学、実習にいらして下さい。当院の特徴を知って頂くには、やはり直接見て頂くことが一番です。その中で、当院のような地方の中規模病院の魅力を少しでも理解して頂ければ幸いです。みなさんのお越しを、病院職員一同、心よりお待ちしております。

後期研修医 (内科 成田 幹誉人)

narita_1.JPG

当院の研修の特徴は、各診療科やスタッフ間の垣根が低く、アットホームな環境で研修することができる点です。各科の研修では指導医のもと診療に積極的に参加し、必要な手技や知識を習得することができます。ローテートでは1年目は6か月間の内科研修を中心に各科をローテートしますが、2年目は一部の必修科以外は自由に選択することができます。さらに、希望すれば院外での研修も可能です。私の場合は、3カ月間協力型臨床研修病院である名古屋市立大学病院で内科研修させていただき、当院のみでは経験できないような様々な症例を経験することができました。
休日夜間の救急外来では内科系・外科系指導医が各1名ずつおりその中で診療にあたります。当院は蒲郡市で唯一の急性期病院であり、救急車の受け入れは断らない方針で治療しています。そのため、大変な面もありますが様々な症例を経験することができます。また、常に内科系・外科系指導医が一緒に当直しているため、経験ある指導医から直接指導を受けることができるのもメリットです。
他にも、定期的に院内で研修医が症例発表する機会があり発表の経験を積むことができ(やる気があれば院外での学会発表もどんどんやらせてもらえます)、また院内外のイベントでスタッフとも交流を深める機会が多いためとても働きやすい環境です。
ぜひ一度見学に来ていただき、当院の研修を体感してみてください。

  • 面会時間のご案内
    入院患者さんの完全な治療と十分な安静の為に、次の面会時間をお守りください。集中治療室、未熟児室への面会については、看護師にお尋ねください。
  • 一般病棟
    平日/
    15:00~20:00
    土曜日・日曜日・祝祭日/
    11:00~20:00
  • 新生児室
    14:30~15:30・18:00~18:30
  • 禁煙のお願い
    院内の敷地内は
    全面禁煙です
  • 撮影禁止のお願い
    院内での写真撮影
    (動画を含む)や
    録音は、原則禁止
    しております
蒲郡市民病院
〒443-8501 愛知県蒲郡市平田町向田1-1  TEL: 0533-66-2200 FAX 0533-66-2295