診療科・部門紹介

乳房検査

乳房撮影で何が分かる?

p_lazer_mammography01.jpg乳房にできる病気には、良性のもの(例えば水の袋のようなものや乳腺の炎症)も悪性のもの(乳がん)もあります。
しこりが触れる場合写真で見るとどういうものか分かったり、触れない病気も見つかることもあります。

画像は乳房撮影時の画像です。

p_lazer_mammography02.jpg

検査方法

両方の乳房を2方向ずつ圧迫して撮影します。早期発見の手掛かりには、小さな病変の発見が必要です。そのためには、乳房をできるだけ薄く均等に圧迫し、良い写真を撮る必要があります。少しでも良い写真を撮るために、可能な限り圧迫して撮影するので、個人差はありますが痛みを伴います。どうしても我慢できない痛みがあったら、遠慮せずに言って下さい。

撮影画像例

p_lazer_mammography03.jpg

(左から)拡大撮影画像  初期腫瘤画像  微小石灰化画像

撮影に適した期間

乳房は排卵後から月経が始まる頃までホルモンの影響を受けて、乳房が硬くなったり、痛みを感じたりします。 この期間は、圧迫したときに痛みを感じやすいので、なるべくこの期間を避けて、生理の終わった1週間ぐらいの期間に検査を受けましょう。

  • 面会時間のご案内
    入院患者さんの完全な治療と十分な安静の為に、次の面会時間をお守りください。集中治療室、未熟児室への面会については、看護師にお尋ねください。
  • 一般病棟
    平日/
    15:00~20:00
    土曜日・日曜日・祝祭日/
    11:00~20:00
  • 新生児室
    14:30~15:30・18:00~18:30
  • 禁煙のお願い
    院内の敷地内は
    全面禁煙です
  • 撮影禁止のお願い
    院内での写真撮影
    (動画を含む)や
    録音は、原則禁止
    しております
蒲郡市民病院
〒443-8501 愛知県蒲郡市平田町向田1-1  TEL: 0533-66-2200 FAX 0533-66-2295